整体師って接骨院を開院できるの?接骨院になるための条件を調べてみました!

整体師が接骨院になるためのアイキャッチ

肩こりや腰痛、身体の不調を感じた時に接骨院や整体を利用する機会って多いですよね。

でも、接骨院ってどんな資格を持っている人が働いているのか実は知ってる人は少ないかもしれませんね。

接骨院を開院するにはどんな資格がいるのか詳しく調べてみました。

接骨院を開院するための資格は?

柔道整復師が膝を確認するところ

接骨院を開院するために必要な資格は、柔道整復師です。

一方、整体師は関節や骨格などの歪みを、手や足による施術で矯正する技術を持つ人のことです。

整体師には公的な資格はなく、民間の資格で開業できます。

整体はどんなところに効果があるか知りたい方はコチラ

接骨院を開院できる柔道整復師とはどういったものなのでしょうか。

柔道整復師とは?

柔道整復師は昔から「ほねつぎ」「接骨師」と呼ばれ、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの怪我に対し手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などの施術を行い怪我を直す専門家の事です。

そんな柔道整復師は国家資格。

資格を取得するにはどうしたらよいのでしょうか?

柔道整復師になるには?

柔道整復師になるためには、国家試験を合格しなければなりません。

国家試験を受けるまでの流れを見ていきましょう。

高校卒業後 都道府県知事の指定した
専門の養成施設
(3年間以上修学)
専門学校や大学を卒業後
国家試験を受験
文部科学省が指定した
4年制大学で必要科目を履修※

※履修科目→解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学など

専門学校や大学を卒業し、柔道整復師国家試験受験の資格を得た後、いよいよ受験できます。

年に1回の柔道整復師国家試験は、毎年3月上旬ごろに行われます。

解剖学や生理学、一般臨床医学などを含んだ全11科目の筆記試験を受け合格し免許を申請すれば柔道整復師の免許が交付されます。

柔道整復師の資格があれば開院できる

免許を取得すれば、接骨院や整骨院、病院や整形外科などで施術を行うことが出来ます。

患者さんに対して医師と同じく治療行為に保険が適用されるのも、整体師との違いです。

もちろん、独立開業も出来ますが経験も重要になってくるので、免許取得後病院や接骨院などで経験を積む必要があります。

開院するためには?

もし開業するとなるとどれくらいの費用が必要で、どんな準備が必要なんでしょうか?

開院で施術管理者になるには?

柔道整復師の資格をとってすぐに独立開業できると、前述しましたが平成30年から国の方針が変わり、健康保険を使用する接骨院・整骨院の場合には最大3年間の実務経験と一定の研修を受けることが施術管理者の条件になりました。

詳細については厚生労働省のホームページをご覧ください。

開院するための費用はどのくらい?

費用はおよそ1,000万ほどと言われています。

施設の規模や医療器材によっても大きく変わるので、人件費や物件取得費、設備投資費などあらかじめ確認しておくといいでしょう。

開業の為の必要書類は?

構造設備基準を満たした店舗を準備してから、1~6の接骨院や整骨院の開業に必要な書類を準備する必要があります。

1. 施術所開設届(接骨院や整骨院を開設して10日以内に届け出が必要)
2. 柔道整復師免許(原本と写し)
3. 施術所の平面図
4. 最寄り駅からの案内地図
5. 定款の写しと登記簿謄本(法人の場合)
6. 賃貸契約書(施術所が賃貸の場合)

また、保険請求を行なうために必要な申請や、柔道整復師を雇う場合に必要な届出も必要です。

構造設備基準に関するものや、開業の手続き書類については、あらかじめ保健所で相談しておくとスムーズに準備が進みます。

終わりに

整体師と柔道整復師では、接骨院を開院できるか出来ないかという点でも違いがありましたね。

資格によってできる施術も違ってくるので、もし癒しよりも治療が必要なら接骨院がおすすめです。